自由の女神も国立公園も――米政府閉鎖、旅行者への影響

暫定予算の不成立により国立公園も一時閉鎖に=国立公園局提供

暫定予算の不成立により国立公園も一時閉鎖に=国立公園局提供

(CNN) 米議会で暫定予算が成立しないまま新会計年度に突入し、政府機関の一部閉鎖が始まったことで、国内外からの旅行者にも影響が及ぶことは確実だ。全米の国立公園は閉鎖されるが、パスポート発行の手続きや空港の出入国検査は通常どおり続けられる。

ニューヨークの自由の女神やフィラデルフィアの独立記念館を訪れたり、ヨセミテでハイキングを楽しんだりする計画は変更する必要がある。国立公園をはじめスミソニアン博物館、国立動物園など、連邦政府が運営する観光地はすべて閉鎖されるからだ。

国立公園局が管轄する401カ所には例年10月には、1日計71万5000人前後が訪れるが、今年は締め出されてしまう。現時点で敷地内のキャンプ場やホテルに滞在している旅行者は、48時間以内に外へ出なければならない。

ただし鉄道網や空港の保安、管制業務は停止の対象外。出入国審査検査官や税関職員も通常どおりに勤務する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]