ツイッター、24時間で消える「フリート」を試験

米ツイッターは投稿が24時間で消える機能の試験運用を行っている/Omar Marques/Getty Images

米ツイッターは投稿が24時間で消える機能の試験運用を行っている/Omar Marques/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米ツイッターは4日、投稿内容が24時間で消える新機能「フリート」を試験していることを明らかにした。試験は同日に始まり、現在はブラジルでのみ利用可能。

フリートは通常のツイートとは異なり、リツイートや「いいね」、公開のリプライは受け付けない。他のユーザーが反応する手段はダイレクトメッセージのみで、インスタグラムのストーリー機能に近いといえる。

投稿内容が24時間で消える機能は、スナップチャットが2013年に初めて導入。その後、フェイスブックやユーチューブ、リンクトインを含む多くのプラットフォームが追随していた。

通常のツイートとは異なり、フリートはタイムラインに表示されず、ユーザーのアイコンをタップすることで閲覧できる。

ツイッターのプロダクト責任者、ケイボン・ベイクプア氏は発表に当たり、「ツイートがあらゆる人に見られてリプライが返ってくる、投稿が永久に残る気がする、どれくらい『いいね』やリツイートが集まるか気になる、といった理由で安心してツイートできないという声が多い」と説明した。

そのうえで「フリートの活用により、今までならツイートしなかったであろう一瞬の考えを共有できるようになると期待している」と述べた。

現状、ツイッターへの投稿は恒久的な記録として残る可能性がある。このため、おおむね無害な内容であっても就職面接で説明を求められる可能性などを考慮して、ユーザーが投稿をちゅうちょする場合もある。ツイッターでは以前から、古いツイートが掘り出され批判に利用されるケースが後を絶たない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]