自宅の防犯カメラに不正侵入、8歳女児に「サンタだよ」 米国で被害続発

自宅の防犯カメラに不正侵入、8歳女児に「サンタだよ」

(CNN) 米ミシシッピ州の一家が子ども部屋に設置していた防犯カメラに何者かが不正アクセスし、スピーカー機能を使って8歳の女の子に「サンタクロースだよ」などと話しかける事件があった。

不正アクセスされた防犯カメラの「リング」をめぐっては、ユーザーが知らないうちにアカウントに不正ログインされる事案が相次いでいる。

母親のアシュリー・ルメイさんがCNN系列局WMCに語ったところによると、娘の部屋に防犯カメラを設置したのは、看護師の夜勤の時に娘の様子を見守るためだった。「ずいぶん調べてからこれに行き着いた。安全だと信じていた」とルメイさんは振り返る。

ところがカメラを設置してからわずか4日後に事件は起きた。ルメイさんは雑用をしていて、夫は自宅で子どもたちと過ごしていた。

娘のアリッサさんは、自分の部屋から物音が聞こえるのに気づき、様子を見に行ったという。

WMCが入手したリングのカメラ映像には、部屋の中に立ったアリッサさんが、スピーカーの相手と話す様子が映っている。

アリッサさんが「誰なの」と尋ねると、「僕は君の親友だよ。サンタクロースだよ」と答える男の声が部屋の中に響き渡った。「僕はサンタクロースだよ。僕の親友になりたくない?」

男の声は、アリッサさんに嫌がらせをしたりからかったり、部屋を破壊するようそそのかしたりしたという。

ルメイさんは、「娘の『マミー、マミー』という悲鳴を聞いて、部屋に駆け込んだ」と話している。

リング社はCNNに寄せた声明で、同社のセキュリティー対策が破られたわけではないと強調し、被害に遭った一家はアカウントの安全対策が不十分だった問題を突かれたようだと説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]