携帯電話番号の新規登録に顔認証を義務付け 中国

顔認識技術を搭載したAIカメラが捉えた展示会来場者の様子=2018年10月24日、北京/NICOLAS ASFOURI/AFP/AFP via Getty Images

顔認識技術を搭載したAIカメラが捉えた展示会来場者の様子=2018年10月24日、北京/NICOLAS ASFOURI/AFP/AFP via Getty Images

香港(CNN Business) 中国で携帯電話番号を新規に登録する際に、顔面スキャンを義務付ける規定が12月から施行された。

中国政府は生体認証情報の登録について、国民の正当な権利を守り、詐欺などの対策に役立てるための措置と位置付ける。だが、ただでさえインターネット統制が特に厳しい国だけに、プライバシーやセキュリティー不安の一層の増大を招く可能性もある。

同国では既に、インターネットのアカウント情報を国の身分証明書と関連付けることを義務付けた「実名登録」の制度が施行されている。顔認識情報の登録が1日から義務化されたことで、インターネット利用の匿名性はさらに薄れる。

新規定は1日以降に新規登録した電話番号に適用される。それ以前に登録した番号については顔認識情報を登録する必要はない。

中国では空港からオフィスビル、ごみ処理施設など至る所で顔認識技術が利用されている。北京の地下鉄は先週から、顔認証で改札を通過できるシステムの実証実験を開始した。

新しい電話番号の登録に際しては、これまでにも身分証明書と写真の提示が義務付けられていた。しかし新たに顔面スキャンが義務付けられたことで、政府による監視や、国営携帯電話会社による加入者の個人情報の保護にまつわる懸念が増大する。

こうした動向に対し、人工知能(AI)と生体認証を専門とする中国の研究者4人は9月の時点で、「顔認識を使った監視システムは、もしも不適切に配備されたり安全対策が不十分だったりすれば、公衆の安全を守る役に立てないばかりでなく、自由やプライバシーが侵害され、悪用される恐れもある」として懸念を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]