中国・広東省で男性2人逮捕、香港デモに関与の容疑

「逃亡犯条例」の改正をめぐる反対から始まった抗議デモが香港で続いている/ Joshua Berlinger/CNN

「逃亡犯条例」の改正をめぐる反対から始まった抗議デモが香港で続いている/ Joshua Berlinger/CNN

北京(CNN) 中国・広東省の地元メディアは12月1日までに、香港で長引く抗議デモに関与した疑いがあるとして中米ベリーズの国籍を持つ男性実業家と台湾出身の男性が逮捕されたと報じた。

広東省政府が運営する地元紙によると、同省の公安当局による男性実業家の逮捕は先月26日で、「国家安全保障を損ねる犯罪活動への資金援助」が理由としている。

この実業家は中国内に居住。米国内の敵対勢力への資金援助、香港への妨害行為、反中国活動の支持や「香港の問題に介入するための外部勢力との協力」などの罪にも問われた。

台湾出身の男性の逮捕は今年10月31日に深セン市の同省公安当局に逮捕され、外国勢力のためのスパイ活動や国家機密を供与する違法行為などが理由となっている。男性は今年8月下旬、香港に近接する深セン市で消息を絶っていた。

同紙によると、男性はまた、台湾独立勢力の主要メンバーとの疑いが持たれ、香港で反中活動を支援し、8月には中国本土で軍機密を収集したともした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]