ツイッターのハッシュタグ「#」、誕生から10年

ハッシュタグ誕生から10年を迎えた

ハッシュタグ誕生から10年を迎えた

サンフランシスコ(CNNMoney) ツイッターで最初のハッシュタグ「#」がツイートされてから8月23日で10年を迎えた。

最初のハッシュタグは2007年にデザイナーのクリス・メッシーナ氏によるもので、フォロワーに向かって、「グループのために#を使うのはどうだろう。#barcampみたいに」と投稿した。

これ以来、ハッシュタグは、トレンドを追ったり、グループをつなげたりするのに使われるようになった。

ハッシュタグという単語は今では、オックスフォードなどの辞典にも載っている。

メッシーナ氏は2015年のインタビューで、最初の提案に対する返答は賛否両論だったと振り返っている。メッシーナ氏は「ある人からは『素敵だね』と言われたが、別の人からは、これまでで最もばかげたアイデアだといわれた」と述べていた。

ハッシュタグ自体はツイッターで誕生したものではない。1960年代にプッシュホン式の電話に登場したのが最初となる。

誕生から10年が経過したハッシュタグだが、今でも現役だ。先ごろ米国では数百万人が皆既日食を観測したが、この時の経験は#SolarEclipse2017で共有された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]