中国でVPNアプリ削除、「法に従った」 アップルCEO

アップルのクックCEO

アップルのクックCEO

ニューデリー(CNNMoney) 米アップルが先ごろ中国の「アップ・ストア」から仮想プライベートネットワーク(VPN)のアプリを削除したことについて、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は3日までに、中国の法律にのっとったものだったと説明した。

クックCEOはまた、中国のインターネットアクセスへの規制強化が一時的なものであることを望むと語った。

クックCEOは決算発表の会見で、「時の経過とともに現在の規制が弱まっていくことを期待している。なぜなら技術革新には協力し伝え合う自由が欠かせないからだ」と述べた。

今年に入り、中国当局はVPNへの規制強化を発表していた。VPNは暗号化技術を用いてインターネットのフィルターをう回するのに使われる。

アップルがVPNアプリの販売を中止したことに対しては、中国のネット検閲に手を貸しているのではないかとの批判が上がっていた。

クックCEOは、すべての市場で現地法を順守するという姿勢に変わりはないと指摘。「他の国でそうしているように、事業を行っている先の法律にアップルは従っている」と述べた。

昨年米国で起きたテロ事件の捜査を巡って容疑者の携帯電話を解錠するよう米当局に要請された際に拒否したアップルが、中国当局の削除要請には応えたのはおかしいとの批判にもクックCEOは反論。米国の場合も中国の場合も、「どちらの場合も、法律を守らなければならない」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]