米アマゾン、ホームレスの宿泊施設提供へ 本社敷地内に設置

2017.05.15 Mon posted at 14:17 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米インターネット通販大手のアマゾンはこのほど、シアトル中心部にある新しい本社の敷地内の一画を、ホームレスの宿泊施設として提供すると発表した。

シアトルではホームレス問題の深刻化を受けて、2015年にエド・マレー市長が非常事態を宣言していた。

アマゾンは本社敷地内の約4400平方メートルの区画をホームレスのために寄贈。地元の支援団体「メアリーズ・プレイス」と協力して、約200人が利用できる65室の宿泊施設とする方針だ。

宿泊施設は2020年初めに開業予定。地元の非営利組織がホームレスの就業支援や住居確保などの活動を行う拠点も設置する。

アマゾンは昨年も同団体と協力して、シアトルの敷地内で使われていなかった建物のうち1棟を、ホームレス約200人のための宿泊施設として提供していた。

この場所は改修してオフィスとして使うことになり、施設に入居している世帯は道路を隔てた反対側にある元ホテルの建物に移動してもらう予定だとしている。

アマゾンの通販サイトでは2016年3月から、メアリーズ・プレイスの「ウィッシュリスト」が掲載され、利用者がホームレスの人たちのためにおむつや靴下といった商品を注文できるようになった。「あなたの支援は、ホームレスを経験しているお母さん、お父さん、子どもたちの生活を大きく変えることができます」。アマゾンは同プロジェクトの発表に当たり、そう訴えていた。

メールマガジン

[PR]