インド、全携帯電話に非常ボタン搭載を指示 レイプ対策

2016.04.28 Thu posted at 17:11 JST

[PR]

ニューデリー(CNNMoney) インド情報通信技術省は28日までに、国内で使用する全ての携帯電話に女性の保護やレイプ阻止を図るため「非常ボタン」の搭載を2017年までに義務付ける新たな規則を発表した。

また、携帯電話の製造メーカに対し18年までに、全ての製品に治安対策として全地球測位システム(GPS)の導入も指示した。

インドの多くの携帯製造メーカーは製品に非常ボタン機能を既に持たせているが、管理が一本化されている緊急通話システムがインドに欠けていることが運用面での障害となっている。警察署、医療関連施設や消防署などは異なった連絡番号を持っており、緊急通話への対応で効果が限られている。

この中でインド政府は全国共通の緊急通話番号を112にする計画を立案し、今後数カ月内に実施する予定。

インド国内では女性のレイプ事件が多発し、大きな社会問題にもなっている。

メールマガジン

[PR]