アノニマス、トランプ氏の個人情報をネット上で暴露

2016.03.18 Fri posted at 18:01 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 国際ハッカー集団「アノニマス」がこのほど、米大統領選で共和党の指名獲得を目指す実業家ドナルド・トランプ氏の携帯電話番号、社会保障番号などの個人情報をインターネット上に公開した。過激な発言を繰り返しながらも選挙戦を有利に展開するトランプ氏に対し、圧力をかける狙いがあるとみられる。

ネット上にはトランプ氏のほか同氏の家族、広報担当者、選挙対策本部責任者の個人情報も流出している。これらの情報についてCNNMoneyは真偽を確認できていないが、トランプ氏の家族のものとされる番号に連絡を取ったところ、応答した人物はトランプ氏との関係を認めた。

アノニマスはさらに、トランプ氏のウェブサイトに関する情報も掲載。ハッカーらに対し、来月1日に同サイトを標的とした行動を起こすよう呼びかけている。昨年12月には、トランプ氏が所有するニューヨークの高層ビル「トランプ・タワー」のホームページがサイバー攻撃に遭い、アノニマスが犯行声明を出していた。

この2、3週間、アノニマスのメンバーを名乗るグループはネット上に投稿した動画を通じトランプ氏を「強欲と権力を象徴する存在でしかない」と非難。同氏のウェブサイトに攻撃を加えることによって「トランプ氏のブランドを失墜させる」考えを広く訴えていた。

セキュリティーの専門家であるデービッド・ケネディー氏がCNNMoneyに語ったところによると、今回のような個人情報の不正入手と公開はサイバー攻撃の第1段階であり、アノニマスが実際にトランプ氏のウェブサイトをダウンさせ、あらゆる情報をハッキングする能力を持っていることを示唆するという。

一方トランプ氏の代理人は、同氏の個人情報に不正アクセスした人物について、当局が逮捕に乗り出していることを明らかにした。

メールマガジン

[PR]