米政府の個人情報流出 OPM長官が辞任

OPMのアーチュレッタ長官が不正アクセスによる個人情報流出の責任を取って辞任した

OPMのアーチュレッタ長官が不正アクセスによる個人情報流出の責任を取って辞任した

ワシントン(CNN) 米人事管理局(OPM)のシステムが何者かに不正にアクセスされた事件に関連し、同局のキャサリン・アーチュレッタ長官が10日、辞任を表明した。政府コンピューターからの情報流出が当初推定よりもはるかに大規模だったことが9日に発覚し、議員らから長官辞任を求める声が強まっていた。

アーチュレッタ長官はOPM職員に送ったメールで、辞任を言明。「OPM長官を辞任するとの意向を先に大統領に伝え、受理されたことを今日午後、報告する」とした上で、「この組織を率い、職員の皆さん全てのために働いたことは、私のキャリアの中でも最高の時期だった」と述べた。

後任にあたるのは、現在、米政府の最高業績責任者(CPO)のほか、米行政管理予算局(OMB)副局長も務めているベス・コバート氏。11日から臨時で長官代理に就任する。

アーチュレッタ長官は9日、ハッカー集団が政府職員や元職員など2210万人分の個人情報をデータベースから盗み出していたことを認めた。これを受けて、同長官の責任を問う声が増大。共和党のジョン・ベイナー下院議長が9日、辞任を要求したのを始め、20人以上の議員が辞任を求めていた。

アーチュレッタ氏のOPM長官就任をめぐっては、2013年10月に上院で行われた指名承認投票の際、OPMが医療保険制度改革法(オバマケア)をどのように履行するかが主要な争点となったため、政府データベースの保護策など技術面には注目が集まらなかった経緯がある。

米捜査関係者はOPMの情報流出について、中国政府のハッカーが背後にいたとみている。米当局者によると、連邦職員への応募者の精神病歴など、機密性の高い身元情報が中国情報機関の手に渡っているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]