快進撃の中国スマホメーカー「シャオミー」 目指す先は

CNNのインタビューに答えるヒューゴ・バラ副社長

CNNのインタビューに答えるヒューゴ・バラ副社長

中国における2014年4~6月期のメーカー別スマホ出荷台数で、シャオミーは米アップルや韓国サムソン電子を抜き、1位となった。

同社の中国市場におけるシェアは14%に達している。「中国のスティーブ・ジョブズ」こと雷軍(レイチュン)氏によって創業されたのがわずか4年前であることを考えると、驚異的な急成長だ。バラ氏自身も、ここまでの成長速度は想像していなかったという。

熱狂的な人気の背景には、低価格のスマホと巧みなマーケティング戦略がある。

シャオミー製端末の値段はおおむね、約130ドル程度に抑えられている。これはほぼ製造原価に近い水準の低価格であり、シャオミーの利益はハードウエア本体以外のソフトの部分で生み出されている。

バラ氏はこうした戦略について、「弊社はスマートフォンの売り手である以前に、インターネット・プラットホームを提供する企業だと言える。携帯端末はあくまで、ソフトウエアを提供するための媒体という位置づけだ」と語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]