「忘れられる権利」認める、グーグルにリンク削除命令 EU司法裁

グーグルは判決に対して遺憾を表明

グーグルは判決に対して遺憾を表明

これを不服としてグーグルが上訴し、スペインの高裁を経て欧州司法裁判所に判断が持ち越されていた。

13日の判決では、グーグルのような検索エンジンは情報の「管理者」に当たると認定し、請求があれば望まれないリンクを削除する義務があると判断。「インターネット検索エンジンの運営者には、第三者によって公開されたウェブページに表示される個人情報の処理に関する責任がある」と指摘した。

同社はこれまで、情報を削除するかどうかの判断は個々のウェブサイトに委ねられると主張しており、判決に対して遺憾を表明。今後の対応について検討するとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]