グーグル・グラス用のアダルトアプリに「禁止令」

2013.06.04 Tue posted at 11:22 JST

[PR]

(CNN) 米グーグルは3日、同社が開発した眼鏡型端末「グーグル・グラス」のアプリにわいせつ画像などが使われるのを禁止する方針を明らかにした。

この数時間前、アダルト向けアプリを販売するMiKandiが、グーグル・グラス用の初のポルノアプリを発表していた。グーグル・グラスを使って撮影された画像や映像を利用することで、1人で映像を楽しむだけでなく、ユーザー同士でやり取りすることも可能になるとされた。

グーグル・グラスの規定には、ヌードや露骨な性描写、わいせつな内容などを含むアプリを認めないとの項目が新たに追加された。児童ポルノを扱ったアプリに罰金を科すことも明記された。同社はこのほか、無意味な暴力や差別発言、ギャンブルなどを扱うアプリも禁止している。

MiKandiのジェシー・アダムス最高経営責任者(CEO)によると、グーグル・グラス用アダルトアプリの発売サイトには1万人以上のアクセスがあり、すでに十数人が予約していた。2週間前にアプリ開発を始めた時点でグーグルの規定に従っていたことは確かだが、規定自体が変更されたことを受け、禁止内容を含まない新たなアプリをただちに作り直すとしている。

メールマガジン

[PR]