強盗被害偽装のロクテ選手、スポンサー4社が契約解除

ロクテ選手の主要なスポンサー企業が軒並み契約を打ち切り

ロクテ選手の主要なスポンサー企業が軒並み契約を打ち切り

ニューヨーク(CNNMoney) リオデジャネイロ五輪の競泳で金メダルを獲得した米国のライアン・ロクテ選手が強盗被害に遭ったとうそをついた問題で、同選手の大手スポンサーが22日、相次いで契約の解除を発表した。

水着ブランドのスピードは「当ブランドの価値観に反する行動を容認することはできない」としたうえで、これまでの「数多い業績」に感謝し、同選手が「前へ進み、この経験から学ぶことを願う」と述べた。

同社はまた、ロクテ選手のスポンサー料のうち5万ドル(約510万円)をブラジルの子どもたちに寄付する方針を明らかにした。

ロクテ選手は同日、スピード社の決定を尊重するとの声明を出し、「長年の提携が与えてくれたチャンスに感謝する」「ともに達成してきた成果を誇りに思う」と述べた。

衣料ブランドのラルフローレンは、リオ五輪のために結んだロクテ選手との契約を更新しないと表明した。同社のツイッター公式ページにはメダルを着けたロクテ選手の写真が掲載されていたが、同日中に取り下げられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]