CNN EXCLUSIVE

イラン軍事顧問、報復対象は米国の「軍事拠点」 CNN EXCLUSIVE

イラン革命防衛隊の「コッズ部隊」を率いていたソレイマニ司令官。後任の司令官の下でもやり方は変わらないという/MEHDI GHASEMI/AFP/ISNA/AFP via Getty Images

イラン革命防衛隊の「コッズ部隊」を率いていたソレイマニ司令官。後任の司令官の下でもやり方は変わらないという/MEHDI GHASEMI/AFP/ISNA/AFP via Getty Images

インタビューの最中、デフガン氏がソレイマニ司令官の写真をカメラの前に掲げて「イラン国民全員がカセム・ソレイマニだ」と語る場面もあった。その上で、ソレイマニ司令官が2003年以来率いてきたコッズ部隊が、同司令官の死によって弱体化することはないと主張、「同司令官を引き継いだのは、20年間、同司令官と協力してきた人物だ。やり方は変わらない」と力説した。

さらに、自国の利益を守るイランの意思は「千倍に増えた。我々は何も感じない。我々には殉教の論理がある」と強調している。

ただし、「1つ言っておく。我々の指導部は戦争を望んだことはなく、今後も戦争は望まないと正式に表明している」とも言い添えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]