全米で相次ぐハクトウワシの鉛中毒、年間数百万羽の鳥類に影響

保護施設の責任者がハクトウワシとポーズを取る様子/Cape Fear Raptor Center

保護施設の責任者がハクトウワシとポーズを取る様子/Cape Fear Raptor Center

(CNN) 全米で鉛中毒のために命を落とすハクトウワシが相次いでいる。保護団体は、シカ猟などに鉛弾を使わないよう、ハンターの啓発に力を入れたい考えだ。

ノースカロライナ州にあるワシ類の保護施設では、この1カ月で鉛中毒のワシ7羽を手当てした。昨年11月以来、同施設で安楽死させたワシの少なくとも80%は鉛中毒が原因だった。

ハンターはシカなどの動物の猟に鉛弾を使用する。そうした弾で撃たれた動物を餌にする鳥類が、間接的に影響を受けているという。

同施設の専門家によると、「シカがすぐには死なずに逃げてハンターに見つけられなかった場合、ワシやコンドルがそれを見つけて鉛を摂取する」。鉛は消化管で吸収されると有毒化する。

直近では14日にハッターラス島で鉛中毒の症状があるワシが見つかり、同施設に持ち込まれた。ワシは脱水状態でひどく弱っていて動くこともできず、その日のうちに死んだ。

道路を横切って飛ぶワシが鉛中毒のために判断力が鈍り、車にひかれるなどして死ぬこともある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]