手足が吹き飛び片目を失明 取材中に負傷した米特派員、容体を明らかに ウクライナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊で取材中に攻撃に遭って負傷した米FOXニュースのベンジャミン・ホール特派員(39)が、自身の容体についてツイッターへの投稿で明らかにした。この攻撃では、一緒にいたジャーナリスト2人が命を落とした。

「片方の脚は半分を失い、もう片方は足首から下を失った。片手はつなぎ合わせてもらい、片目は使えなくなった。聴覚は吹き飛んだ……それでも今ここにいられることは、ものすごく幸運だったと感じる。私をここに連れて来てくれた人たちは素晴らしい!」。ホールさんは8日、ツイッターにそう書き込んだ。

ホールさんは3月14日、FOXニュースのフォトジャーナリストだったピエール・ザクルゼフスキーさんと、ウクライナ人コンサルタントのオレクサンドラ・クブシノワさんと一緒に乗っていた車が砲撃を受けた。

ホールさんは負傷して病院に搬送された。ザクルゼフスキーさんとクブシノワさんは当初行方不明になったと思われていたが、ウクライナ当局が死亡を確認した。当局は、砲撃したのはロシア軍だったとしている。

ウクライナ国防省は「真実が狙われている」と述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]