消息不明の中国テニス選手、国連が調査要求 ホワイトハウスも「深い懸念」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
消息不明の彭帥さんによる性的暴行の訴えについて、国連が調査を求めている/Getty Images

消息不明の彭帥さんによる性的暴行の訴えについて、国連が調査を求めている/Getty Images

香港(CNN) 中国テニス界のスター選手、彭帥さん(35)が同国のかつての党首脳に性的関係を迫られていたと訴えた後、公の場から姿を消したことをめぐり、国連は19日、当該の性的暴行の訴えに関する調査を要求した。中国側に圧力がかかる状況となっている。

ソーシャルメディアに今月2日に投稿され、後に削除されたメッセージのスクリーンショットによると、中国のテニス界で最も知名度の高いスター選手の1人である彭さんは、張高麗(チャンカオリー)前副首相が3年前に自宅で性的関係を強要したと告発。以来、公の場に姿を見せていない。

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のリズ・スロッセル報道官は19日、ジュネーブで記者団の取材に答え、彭さんの所在と無事が証明されるのが重要だと主張したうえで、本人による性的暴行の訴えについて完全な透明性を伴った調査を行うことを強く求めた。

同日には米ホワイトハウスのサキ報道官も「深い懸念」を表明。中国当局に対し、独立した検証可能な証拠によって彭さんの所在と無事を証明するよう求めた。

18日には、女子プロテニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)兼会長が、彭さんの身の安全に関する十分な説明、および彼女の告発に対して適切な調査がなされない場合、中国での事業撤退もいとわないとする考えを示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]