チームのお守りのタカ、観客に舞い降りる珍事 米NFL試合

観客の頭上に舞い降りるシアトル・シーホークスのマスコット「テイマ」/From NFL

観客の頭上に舞い降りるシアトル・シーホークスのマスコット「テイマ」/From NFL

(CNN) 米プロフットボールリーグ(NFL)、シアトル・シーホークスの本拠地ルーメンフィールドでの試合で同チームのマスコットでもあるタカ1羽が観客席のファンの首の後部に突じょ舞い降りる珍事がこのほどあった。

このタカは16歳の「テイマ」で、翼をばたつかせながら男性ファンが着たトレーナーのフード付近に降下。ファンの頭部で足を数度滑らせたものの、最後には体勢を整え、首と頭部の辺りででしっかりと静止したという。

テイマと男性ファンのどちらにもけがはなかったらしい。実況中のアナウンサーはテイマの余興に「男性ファンにシーズンチケットを贈って」との突っ込みも入れていた。

シーホークスの公式サイトによると、テイマの翼幅は4.5フィート(約1.4メートル)で、両足に大きなかぎづめを持つ。本拠地での試合にこれまでも登場し、場内の上空などを飛び、ファンを沸かせてきた。

シーホークスの対戦相手はロサンゼルス・ラムズだったが、17対26で敗れた。

米国の動物権利擁護団体「PETA」はスポーツチームに対し大型ネコ科やクマ、他の珍しい動物をマスコットにすることを停止するよう要請。米空軍士官学校のフットボールチームが本物のハヤブサを試合や他の催事に同行させることを批判してもいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]