FIFA、ハンガリーに無観客試合と罰金の処分 サポーターの人種差別的言動で

ハンガリーのサポーターにビールのカップを投げつけられたイングランドのFWスターリング/ATTILA KISBENEDEK/AFP via Getty Images

ハンガリーのサポーターにビールのカップを投げつけられたイングランドのFWスターリング/ATTILA KISBENEDEK/AFP via Getty Images

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選でハンガリー代表のサポーターに人種差別的な言動があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)がハンガリーサッカー連盟(MLSZ)に対し、無観客試合2回と罰金の処分を言い渡した。

ハンガリーの首都ブダペストで今月初めに開催された対イングランド戦で、ハンガリー側のサポーターがイングランド側の黒人選手らに対してサルの鳴き声をまねる「モンキーチャント」を浴びせたり、ゴールのたびにコップやびん、発煙筒を投げ付けたりした。

イングランド代表が開始前、片ひざをついたポーズで人種差別への抗議を表明した際には大きなブーイングが起きた。試合はイングランドが4―0でハンガリーを制した。

FIFAは声明で「いかなる形の人種差別や暴力も容認しない」と強調。ハンガリーに対して罰金約2400万円と、FIFA主催の次の2試合を無観客とする処分を科すと発表した。ただし2試合目には2年間の執行猶予を認めている。

フィールドに発煙筒が投げつけられた/ATTILA KISBENEDEK/AFP via Getty Images
フィールドに発煙筒が投げつけられた/ATTILA KISBENEDEK/AFP via Getty Images

ハンガリーは今年の欧州選手権でもサポーターの差別的行動をめぐり、欧州サッカー連盟(UEFA)から無観客試合3回の処分を言い渡されたが、FIFAが主催するW杯予選にはこれが適用されていなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]