市の女性職員の仕事は女子トイレ清掃などに限定、カブール市長が命令

カブールで女性人権活動家に話を聞く

(CNN) イスラム主義勢力タリバンが実権を握ったアフガニスタンの首都カブールで、市役所の女性職員が自宅待機を命じられ、男性にできない仕事をする女性のみが出勤認められている。

この命令はハムドゥラ・ノーマニ市長代行が19日に発表した。女性は実質的にカブール市役所で働くことを阻まれ、女性ができる数少ない仕事の一つは女子トイレの清掃とされた。

これによって女性職員数百人が失職する。ノーマニ市長代行によれば、市職員2930人のうち、女性は27%を占める。

先月タリバンが実権を握って以来、アフガニスタンの一部地域では女性が職場を離れるよう命じられ、女子教育に対する制限が導入され、新政権からは女性が完全に排除された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]