IOC、北朝鮮の資格停止 北京冬季五輪も対象

IOCが北朝鮮の五輪参加資格を停止/Getty Images

IOCが北朝鮮の五輪参加資格を停止/Getty Images

(CNN) 北朝鮮が2022年に開催される北京冬季五輪への参加を禁じられたことがわかった。国際オリンピック委員会(IOC)が8日に発表した。今夏行われた東京五輪への不参加について「一方的な決定」を行ったことなどに対する罰則としている。

北朝鮮は、東京五輪に参加した選手が新型コロナウイルスを国内に持ち帰ることを懸念して大会には参加しなかった。専門家は、新型コロナウイルスが北朝鮮国内で流行すれば、脆弱(ぜいじゃく)な医療制度は逼迫(ひっぱく)するとみている。

IOCは北朝鮮オリンピック委員会に対して事情を聴く機会を与えたが、選手団を東京五輪に派遣しない場合の影響についても明確に警告したとしている。

IOCは北朝鮮の資格を22年末まで停止するため、実質的に北京冬季五輪には参加できなくなる。IOCによれば、出場資格のある北朝鮮の選手については、適切な決断を下すとしている。

金銭面での罰則もある。北朝鮮は資格停止の期間中、IOCからの支援を受けられなくなるほか、東京五輪での収益の割り当て分も受け取れないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]