米体操女子バイルズが棄権、「心の健康」理由に

米体操女子バイルズ、試合後にチームらと会見

東京・有明体操競技場(CNN) 東京オリンピック(五輪)の体操女子で金メダルが期待されていた米代表のシモーネ・バイルズが、27日の決勝戦で棄権した。心の健康に不安があり、体と心を守るための棄権だったと説明している。

決勝戦はロシア・オリンピック委員会(ROC)が制した。バイルズは棄権の理由を説明しながら泣き崩れ、「ストレスが高い状況に置かれるたびに、パニックのような状態になる」「私は心の健康に集中しなければならない。自分の健康と幸福を損なうわけにはいかない」と記者団に語り、「自分自身の頭と戦ってるって最悪」と付け加えた。

大会に出場する選手たちについてバイルズは、「単なるアスリートではなく、結局のところは人間だから」と話し、28日は米代表が「心を休める日」にするとした。

バイルズのインタビューは、東京オリンピックで活躍する選手たちの心の健康の問題を浮き彫りにした。この日は心の健康の問題を告白していたテニスの大坂なおみも敗退していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]