プロゴルファーがゴルフ場で撃たれ死亡、犯人は逃走 米ジョージア州

米アトランタのゴルフ場でプロゴルファーのジーン・シラー氏が何者かに銃で撃たれて死亡した/WGCL

米アトランタのゴルフ場でプロゴルファーのジーン・シラー氏が何者かに銃で撃たれて死亡した/WGCL

(CNN) 米ジョージア州アトランタ北郊のゴルフ場で3日、プロゴルファーのジーン・シラー氏が何者かに銃で撃たれて死亡した。41歳だった。警察は逃走した犯人の行方を追っている。

警察の発表によると、同日午後2時20分ごろ、同州ケネソーのゴルフ場「パインツリー・カントリー・クラブ」から人が撃たれたとの通報があり、郡警察が出動した。シラー氏はグリーン上に意識不明の状態で倒れていた。頭部を銃で撃たれたとみられ、その場で死亡が確認された。

シラー氏はこのゴルフ場に勤務していた。同クラブの会員がCNN提携局に語ったところによると、容疑者は白いピックアップトラックでグリーン上に乗り入れ、様子を見に行った同氏を撃って逃走した。

警察は現場に残されたトラックの荷台から、さらに2人の遺体を発見した。2人とも銃で撃たれた跡があり、1人はトラックの持ち主として登録された人物と判明した。もう1人の身元は確認されていない。

容疑者の身元と、その後の行方も不明。ゴルフ場の近くにある大学の当局は、ツイッターを通して学生らに警戒を呼び掛けた。

全米プロゴルフ協会(PGA)のリチャーソン会長とジョージア支部はそれぞれ声明を出し、遺族らに弔意を表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]