サッカー・ウクライナ代表、ユニホームにクリミア半島含む地図 ロシアは反発

ウクライナ代表の新ユニホームにはクリミア半島を含む地図が描かれている/AFP/Getty Images

ウクライナ代表の新ユニホームにはクリミア半島を含む地図が描かれている/AFP/Getty Images

(CNN) 4年に1度行われる各国対抗のサッカー欧州選手権2020年大会(ユーロ2020)に出場するウクライナ代表は13日、グループステージ初戦のオランダ代表との試合に臨む。今大会でウクライナ代表の選手が身に着けるユニホームには同国の地図がデザインされているが、そこには14年にロシアによって併合されたクリミア半島も含まれている。

ウクライナ・サッカー協会のアンドリー・パベルコ会長は6日、当該のユニホームの画像をフェイスブックに投稿。胸の部分に描かれたウクライナ地図の線画に言及し、「これこそ最も価値ある我が国の外形だ。全国民にとってそうだ」とコメントした。

さらに「単一かつ不可分の母国」としてクリミア半島、ドネツク、ルハンスク、キエフ、ドニプロ、リビウ、オデッサなどの地名を挙げ、「子どものころから国歌の旋律に慣れ親しんできた土地」との認識を示した。

フェイスブックに添付されたプロモーション動画では、ユニホーム上の地図の輪郭を青白い光の筋でなぞる演出も施されている。

ロシア側にはクリミア半島を手放す考えはなく、あくまでも自国の一部とみなしている。今年4月にはロシアがウクライナ東部の国境地帯に軍を集結させ、両国の緊張が高まる事態にもなっていた。

同地域では14年以降、ウクライナ政府軍とロシアの支援を受けた分離独立派との戦闘が続いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]