SATCの続編を制作へ、オリジナルキャストの3人が復帰

「セックス・アンド・ザ・シティ」の続編制作へ

(CNN) 1990年代から2000年代にかけて放送された米人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の続編が制作されることがわかった。HBO Maxが確認した。最後のエピソードが公開されたのは17年前だった。

新作のタイトルは「And Just Like That...」。リブート版にはオリジナルで主演を務めた4人のうち、サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン、クリスティン・デイヴィスの3人がそれぞれの役であるキャリー、ミランダ、シャーロットで復帰する。

左からシンシア・ニクソン、サラ・ジェシカ・パーカー、クリスティン・デイヴィス/Chris Farina/Corbis/Getty Images
左からシンシア・ニクソン、サラ・ジェシカ・パーカー、クリスティン・デイヴィス/Chris Farina/Corbis/Getty Images

しかし、サマンサ役のキム・キャトラルは登場しない見通し。

新作は計10話で、50代を迎えた3人の姿を描く。撮影は今春にニューヨークで始まる予定となっている。

ドラマは1998年から2004年まで放送された。その後、2008年と2010年には続編となる映画版も公開された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]