トロント・ブルージェイズ、本拠地が米国に?

ロジャーズ・センターでトレーニングを行うブルージェイズの選手ら=9日、カナダ・トロント/Mark Blinch/Getty Images North America

ロジャーズ・センターでトレーニングを行うブルージェイズの選手ら=9日、カナダ・トロント/Mark Blinch/Getty Images North America

(CNN) 米大リーグは今月23日に開幕するが、カナダのトロントに本拠地を置くブルージェイズは今シーズンの本拠地がどこになるのか定まっていない。

ブルージェイズは、トロントにあるロジャーズ・センターで試合ができるよう、カナダ政府が課している移動制限からの除外を求めている。

チームはこれまで、全ての選手が球場や併設されているホテル内にとどまるといった隔離措置を行うことで合意し、例外を認められてトロントでサマーキャンプを行ってきた。社会との接触も基本的に行われていない。

この例外規定はサマーキャンプだけに適用されている。チームは、大リーグのレギュラーシーズンも同様の措置がとれるかカナダ当局と交渉している。

カナダの規則では、米国からカナダに入国する人は誰でも14日間の隔離措置の対象となる。トロント市では10人以上の集会も禁止されている。ブルージェイズがロジャーズ・センターで試合をするには、市と州、連邦政府から承認を得る必要がある。

ブルージェイズの最初の選択肢はトロントで試合をすること。しかし、カナダ当局に認められなければ、傘下のAAAのチームが本拠地としている米ニューヨーク州バッファローや春季キャンプを行う米フロリダ州ダニーデンが選択肢となりそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]