ラグビーW杯 NZがウェールズ破り3位 

NZが6トライの猛攻でウェールズを下し、3位決定戦に勝利/Dan Mullan/Getty Images AsiaPac/Getty Images

NZが6トライの猛攻でウェールズを下し、3位決定戦に勝利/Dan Mullan/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は1日、3位決定戦が行われ、ニュージーランドがウェールズに40―17で勝利した。

東京での試合で先手を取ったのはニュージーランド。前半5分にムーディー、13分にボーデン・バレットがトライを奪い、14―0とリードした。ウェールズも反撃に転じ、19分のエーモスのトライとその後のペナルティーゴール(PG)で14―10と追い上げる。

しかしここからニュージーランドがさらに攻勢をかけ、この試合で代表を退くスミスの2トライで28―10と再びリードを広げて前半を終えた。

後半開始2分、ニュージーランドはウィリアムズのオフロードパスからクロティがトライ。やはり代表最後の試合として臨んだ2選手による得点でウェールズを突き放す。

ここまで負傷者続出で苦しい戦いを強いられてきたウェールズは、アダムスが意地のトライを決めて望みをつないだ。しかし終盤、ニュージーランドのモウンガにチーム6本目となるトライを許し、万策尽きた。

2日には、イングランドと南アフリカによる決勝戦が横浜で行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]