「アベンジャーズ/エンドゲーム」、世界興収20億ドルを突破

アベンジャーズ新作、興収記録を続々樹立

ニューヨーク(CNNBusiness) 米マーベルの新作映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の世界興行収入が20億ドル(約2200億円)を突破したことがわかった。世界興収で20億ドルを記録した作品としては史上5本目。

エンドゲームは公開から11日間で21億8900万ドルの興収を記録した。公開から11日目での20億ドル突破は史上最速。また、興収記録としても歴代2位に入った。

公開2週目の週末の世界興収は推計で4億2800万ドル。

エンドゲームが歴代1位の「アバター」の記録を抜くかどうかに注目が集まっている。

エンドゲームは公開初週に過去最高となる12億ドルの興収をあげていた。

調査会社コムスコアのシニアメディアアナリスト、ポール・ダーガラベディアン氏は、エンドゲームについて、公開2週目以降も観客を呼び込める作品であることを証明したと指摘した。

ダーガラベディアン氏は、世界興収の歴代1位となれるかどうかについて、可能性はあるとしながらも、夏に向けて大作の公開が控えていることから、簡単な道のりではないだろうとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]