唯一存命のベーブ・ルースの娘が死去、102歳

唯一存命だったベーブ・ルースの娘、ジュリア・ルース・スティーブンスさんが死去/ERIC RISBERG/AP

唯一存命だったベーブ・ルースの娘、ジュリア・ルース・スティーブンスさんが死去/ERIC RISBERG/AP

(CNN) 米野球史上に残る伝説的な名選手、ベーブ・ルースの娘でただ一人存命だったジュリア・ルース・スティーブンスさんが9日、死去した。102歳だった。

息子のトム・スティーブンスさんが明らかにした。療養中だったネバダ州の施設で息を引き取ったという。この後、自宅のあったニューハンプシャー州に埋葬される予定。

トムさんによるとジュリアさんには孫が2人、ひ孫が4人いる。ジュリアさん本人は「ベーブ・ルースの最大のファン」で、そうあることを生涯の最も重要な役割の1つととらえていたと、トムさんは振り返る。

野球ファンは、温かい人柄で知られたジュリアさんとベーブ・ルースのことについて語り合うのを本当に楽しみにしていたという。

ベーブ・ルースは22年間の選手生活の大半をニューヨーク・ヤンキースでプレーしたほかボストン・レッドソックスとボストン・ブレーブスにも所属。生涯通算本塁打数は714本で、ワールドシリーズを4度制覇した。1936年には、米国における野球の殿堂入りを果たした最初の5人の1人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]