伝説のF1レーサー、セナ 受け継がれる子ども支援の遺志

「ブラジル人は心の中でセナのマシンに乗り込み、後押ししていた」とビビアンさん

「ブラジル人は心の中でセナのマシンに乗り込み、後押ししていた」とビビアンさん

「時がたっても、アイルトンの強さは増し続けている」とビビアンさん。娘のビアンカさんは同財団のブランド責任者を務め、息子のブルーノさんはF1レーサーを経て、現在は世界耐久選手権に挑戦している。

ビビアンさんはセナについて、「ブラジルが暗かった時代、ブラジルの明るい面を代表するヒーローだった」と振り返る。

もし生きていれば57歳になるセナ。グランプリでの優勝は41回を数え、世界チャンピオンに3度輝いたその記録は、F1史上最高のレーサーの1人であることの証明に他ならない。

「アイルトンは世界の第1級国の有能なレーサーとレースを競い、勝利を挙げてきた。ブラジルがたとえ負の背景を背負っていたとしても、F1のような世界では明るい勝利の国になれる表れのように」「アイルトンとブラジルは1つだった」(ビビアンさん)

1994年5月にセナが死去すると、ブラジル政府は3日間の服喪を宣言し、故郷のサンパウロで営まれた葬儀には推定300万人が集まった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]