F1チームのスタッフ、銃で脅される強盗被害 ブラジル

2017.11.12 Sun posted at 14:54 JST

[PR]

(CNN) 自動車レース、フォーミュラワン(F1)に参戦する「メルセデス・ベンツ」に所属するドライバーのルイス・ハミルトンさんは11日、チームの複数のスタッフがブラジルGP(グランプリ)の会場となる同国サンパウロのサーキットを離れようとした際、銃で脅される強盗被害を受けたと明かした。

事件は10日夜に発生。ハミルトンさんはツイッターで、複数の発砲がありスタッフの1人は頭部に銃を突き付けられたと述べた。

メルセデス・ベンツのモータースポーツ部門の報道担当者によると、貴重品が奪われたものの、チームの全員が無事で負傷者はいなかった。小型バスに搭乗し、サーキットを離れる際に遭遇した災難だった。

ツイッターへの書き込み内容を見ると、ハミルトンさんはバスに同乗していなかったとみられる。ハミルトンさんは「ここでは毎年、今回のような事件が起きる」と指摘し、F1の実行組織と参戦の各チームは対策を一層強化すべきだと主張した。

ハミルトンさんはドライバー部門で今年の年間総合王者を既に手中にしている。

サンパウロ州の公安対策当局者によると、サーキット周辺地区での警備態勢は拡充され、警官700人が追加配備された。強盗事件を受けた措置なのかはわかっていない。

ブラジルGPの決勝は12日に実施される。

メールマガジン

[PR]