伝説のボクサー、ムハマド・アリ氏が死去 74歳

2016.06.04 Sat posted at 13:54 JST

[PR]

(CNN) プロボクシング界で一時代を築いた元ヘビー級世界王者のムハマド・アリ氏(74)が3日、米アリゾナ州フェニックスの病院で死去した。家族の代理人が明らかにした。74歳だった。

ロイター通信は3日、家族に近い関係者の話として同病院に入院後、危篤状態に陥ったと報じていた。入院は2日だった。

アリ氏は1984年にパーキンソン病を患っていることが判明。昨年1月には尿路感染症の発病で入院。14年12月には肺炎で入院するなど不安定な健康状態にあった。

同氏は3度にわたりヘビー級王者に輝き、社会的な活動への参加でも有名だった。ただ、近年は公の場所に姿を見せることはほとんどなく、アリゾナ州の地元紙によると同州で今年4月9日に催されたパーキンソン病対策の献金を求める会合への参加が最後となった。

アリ氏は1942年1月、米ケンタッキー州ルイビルで生まれた。本名はカシアス・クレイだった。12歳の時にアマチュアボクシングを始め、64年にソニー・リストン(米国)を破ってヘビー級王者のタイトルを初めて獲得していた。同年にイスラム教に改宗し、名前も変えていた。

メールマガジン

[PR]