ユーロビジョン ウクライナの女性歌手ジャマラが優勝

今年のユーロビジョンはジャマラさんが優勝した

今年のユーロビジョンはジャマラさんが優勝した

(CNN) 欧州放送連合(EBU)が主催する毎年恒例の音楽祭「ユーロビジョン」の決勝が14日、スウェーデンの首都ストックホルムで開催され、ウクライナの女性歌手ジャマラさんが優勝した。

ジャマラさんの歌のタイトルは「1944」。旧ソ連の指導者スターリンが同年、クリミア半島から先住民族タタール人を追放した時のことを描いた内容だ。クリミア半島はその後ウクライナに編入されていたが、2014年にロシアに併合された。

ジャマラさん自身もクリミア出身のタタール人。プーチン・ロシア大統領によるウクライナ介入を非難する歌だと、欧州メディアは伝えている。

本人も決勝に先立つ英紙ガーディアンとの電話インタビューで、この歌には「戦後だけでなく、14年のこと」に対するメッセージも込められているとコメント。「ロシアの介入以降、故郷には帰っていない」「この2年間はとても悲しい思いをした」と話していた。

ユーロビジョンは政治的な歌詞を含む歌を避けるよう規則を定めているが、この歌は違反しないと判断された。

優勝トロフィーを手にしたジャマラさんは「全ての人に平和と愛を」「ウクライナへ来てください」と語った。

オーストラリア代表のイム・ダミさんは審査員票でトップに立ったが、視聴者からの票が伸びず2位。ロシア代表のセルゲイ・ラザレフさんが3位だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]