プレミアリーグのレスター、僧侶の祈りで初優勝達成か?

圧巻の強さは僧侶のご利益?

(CNN) サッカーのイングランド・プレミアリーグでクラブ史上初の優勝を目前にしているレスター・シティー。並み居る強豪を押しのけての大躍進にサッカー界では驚きの声が広がっているが、今シーズンの見事な戦いぶりは、クラブを取り巻く霊的な力によるものかもしれない。

レスターは、タイのバンコクに本社を置くキング・パワー・インターナショナルが経営権を握っていることで知られる。サッカーはタイでも人気のスポーツだが、人々の間ではレスターの強さについて、選手個人の技術やチームの戦略に加え、ある種の霊的なパワーと結びつける見方が出ている。

過去3年にわたって、レスターにはタイの首都バンコクにある仏教寺院から僧侶が訪れ、スタジアムのピッチを清めたり、選手たちに聖なる品を贈るといった活動をしてきた。タイ人のオーナー、ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏の要望で何度もレスターを訪れている僧侶の1人は「初めて選手たちに会ったとき、仏教徒ではない彼らは戸惑っていた。それでもオーナーから、クラブと選手一人ひとりのために祈ってほしいと頼まれた」と振り返る。

この僧侶によればオーナーは熱心な仏教徒であり、母国のタイにも強い愛着を持っているという。タイの人々も同様で、プレミアリーグのひいきのクラブを従来人気の高かったマンチェスター・ユナイテッドやリバプールFCなどからレスターに乗り換えるケースが増えている。

街中のスポーツショップでは、レスターの青いユニホームが品切れの状態だ。試合の映像が見られるバーでインタビューに答えた男性は、「タイ人がオーナーのチームがタイトルを取るのは初めてで、自分たちにとっても特別なこと。偉大な僧侶の力があれば優勝できると思う」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]