ハリー・ポッター最新作、今夏出版 舞台化の脚本

=Little Brown Book Group

=Little Brown Book Group

(CNN) 魔法世界を舞台にした人気小説「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリング氏は10日、同シリーズのウェブサイト「ポッターモア」で、今夏にシリーズ第8作となる書籍が出版されると明らかにした。

新作「ハリー・ポッターと呪われた子ども」は、この夏に上演される舞台作品だ。書籍は「特別リハーサル版」と銘打たれたその脚本で、上演初日の翌日である7月31日に売り出されるという。

シリーズ初の舞台化となる本作は、ローリング氏とジャック・スローン氏、ジョン・ティファニー氏共作の新しい物語を下敷きに、スローン氏が脚本に書き下ろしたものだ。

小説の最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝」のエピローグでは、3人の子どもの父親となったハリーが、ホグワーツ魔法学校に向かう子どもたちを見送るシーンが描かれていたが、新作はこの後日譚となる。ハリーは魔法省で働いており、息子のアルバスとともにポッター一家が背負う過去や闇の勢力と戦う。

ただし出版社によれば、脚本は決定稿ではなく、舞台のプレビュー公演期間に脚本に手が加えられる可能性もある。そこで「コレクター向け決定版」の脚本も後日、出版される予定だという。

「ハリー・ポッター」シリーズの小説は全世界で4億5000万部以上を売り上げるベストセラーとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]