艾未未氏、レゴによる「検閲」を批判 ブロックの提供拒まれ

中国の著名な芸術家で、人権活動家でもある艾未未(アイウェイウェイ)氏

中国の著名な芸術家で、人権活動家でもある艾未未(アイウェイウェイ)氏

ニューヨーク(CNNMoney) 中国の人権活動家で芸術家の艾未未(アイウェイウェイ)氏が、デンマークの玩具会社のレゴから、芸術作品の制作に使用するブロックの販売を断られたことを明らかにした。同氏はその対応について「検閲であり差別だ」と批判している。

このほどインスタグラムへ投稿した内容によると、艾氏はオーストラリアで12月に開かれる展覧会に出展するため、レゴのブロックを使って作品を作るつもりだった。ところが同社は9月に電子メールで「当社は展覧会を支持する立場になく、大量注文には応じられません」と返答してきたという。

レゴ広報は艾氏のケースについてはコメントはできないとしながらも、「政治的文脈でのレゴ利用について積極的な関与や支持は控えている」と説明している。

艾氏のソーシャルメディアアカウントには、レゴ批判のコメントが殺到した。同氏はトイレの便器にレゴを入れた写真を掲載して「芸術家への製品販売を拒むレゴの行為は検閲であり差別だ」と投稿。ツイッターでは、「レゴが創造性と自由を否定した」というコメントをリツイートした。

支持者からは、新プロジェクトのために手持ちのレゴを提供するという申し出が相次いでいる。艾氏は25日、申し出を「受け入れる方法を探す」とコメントした。

12月11日からメルボルンで開かれる展示会では、艾氏とアンディ・ウォーホルの作品展示が予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]