「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の未来予測、当たり外れは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画で描かれた未来、どこまでが実現?

(CNN) 1989年のSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ2作目で、「未来」として描かれた2015年10月21日が到来した。

映画の中で主人公のマーティー・マクフライは、80年代当時まだ生まれていなかった自分の子どもたちを救うため、2015年のこの日へ旅に出る。

2作目の公開から四半世紀。21日には「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デー」を記念して、3部作すべてを上映するイベントも開かれた。

ロバート・ゼメキス監督は同作品の未来を2015年に設定したことについて、回想録の中で「未来についての映画は嫌いだった。今も好きになれない」「誰かが必ず点数を付け続けるから」と語っていた。

実際、同作品が予想した未来技術の当たりはずれを話題にする記事やビデオは数え切れない。2作目に登場した大画面テレビは当たり、タイムマシン「デロリアン」の動力「ミスター・フュージョン」は外れ、仮想現実ゴーグルは当たり、映画「ジョーズ」19作目は外れだった。

1作目の公開から30年がたった今も、同作品の人気は根強い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]