来日中のロンドン市長、ラグビーで10歳少年に体当たり

英ロンドンのボリス・ジョンソン市長

英ロンドンのボリス・ジョンソン市長

(CNN) 来日中のボリス・ジョンソン英ロンドン市長が、英国発祥のスポーツであるラグビーを通じた東京都内でのイベントで日本の子どもたちと交流した。自ら参加したストリートラグビーの試合では、10歳の男の子とまともにぶつかり、2人でグラウンドに倒れ込んで見せる一幕もあった。

東京とロンドンとの友好都市協定を結ぶため東京を訪れたジョンソン市長は、15日に行われた前述のイベント終了後、英米のビジネスマンに向けたスピーチの中で男の子と衝突したことに言及。「ストリートラグビーの試合でたまたま10歳の少年とぶつかり、倒してしまった。でも彼はすぐに立ち上がり、気にするそぶりも見せず笑顔になった」と振り返った。

一方、倒された男の子はジョンソン市長に会えたことについて「ちょっと痛かったけど、楽しかった」と話した。

英国は2012年にロンドンで夏季五輪を開催。現在はイングランドでラグビーのワールドカップ(W杯)が行われている。日本も19年にラグビーW杯、20年に東京五輪と、大規模なスポーツ大会の相次ぐ開催を控える。

先月18日に開幕したラグビーW杯イングランド大会では、地元のイングランドが1次リーグで2敗を喫し、17日から始まる8チームによる決勝トーナメント進出を逃した。日本も1次リーグで敗退したが、強豪の南アフリカを破るなど3勝を挙げて大会を盛り上げた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]