映画「ザ・インタビュー」、一部劇場で予定通り公開へ

「ザ・インタビュー」が一部の映画館で予定通り公開されることとなった

「ザ・インタビュー」が一部の映画館で予定通り公開されることとなった

ニューヨーク(CNNMoney) 米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は23日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺を題材とするコメディー映画「ザ・インタビュー」を米各地の一部の映画館で予定通り25日から公開すると発表した。

SPEのマイケル・リントン会長兼最高経営責任者(CEO)は、公開計画を現在作成中だと述べ、映画館の具体的な数を示さなかった。すでに米国内の200以上の独立系映画館から上映の申し出があり、23日午後8時の締め切りまでにさらに増える見通しとされる。AMC、リーガルといった大手映画館チェーンは参加を表明していない。

ザ・インタビューは北米で25日に公開される予定だったが、映画館攻撃の予告を受けて大手チェーンが次々と上映を中止し、SPEが先週公開見送りを決めた。これに対してオバマ米大統領が「ソニーの判断は間違い」と語るなど、批判的な声が上がっていた。

米ホワイトハウスの報道官は23日、「大統領はソニーの決断を称賛している」「大統領が指摘した通り、ここは言論の自由と芸術表現の権利を信条とする国だ」と述べた。

映画館での安全確保について、米連邦捜査局(FBI)当局者は「ソニー側と全面的な協力態勢にある」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]