不機嫌顔のグランピー・キャット、クリスマス映画で主演

「不機嫌猫」が今度はテレビ映画に

(CNN) いつも不機嫌そうに見える表情が受けて大人気猫になった「グランピー・キャット」が「主演」するテレビ映画がクリスマスシーズンに向けて放送される。

映画のタイトルは「グランピー・キャットの最悪のクリスマス」。米テレビ局のライフタイムが感謝祭翌日の今月29日に放送する。グランピーキャットの声は米女優オーブリー・プラザが担当している。

ストーリーは、幼い少女がクリスマスに友達が欲しいという願いをかなえてもらうところから始まる。この少女に「あんたの願いは台無しね」と言い放つグランピー・キャット。少女にはなぜかグランピー・キャットの考えていることが分かってしまうという設定。

グランピー・キャットは2012年、インターネットに写真が掲載されたことをきっかけに一大ブームを巻き起こした。本名は「タルダルソース」。コーヒーのブランドになったり関連グッズが発売されたりして、専用サイトやツイッターも開設されている。

飼い主のタバサ・バンデセンさんは2013年、「私の猫が人を喜ばせてくれるのならうれしい」とコメントしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]