北京のキティ・レストラン 可愛さで大人気も味は二の次?

メーンターゲットは15~35歳の女性客だという

メーンターゲットは15~35歳の女性客だという

(CNN) サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」をテーマにした店やサービスが世界各地に続々登場している。

台湾のエバー航空は機体にキティをあしらった旅客機5便を運行し、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにはハローキティの高級スパが登場。中国の浙江省安吉では2億ドルをかけたテーマパークの建設が進み、2014年に開業する予定だ。

なかでも、北京に昨年出店したレストランは、カップルや家族連れでにぎわう人気スポットになっている。

北京・三里屯の高級ショッピングモールにあるレストラン「ハローキティ・ドリーム」は、昨年12月に鳴り物入りでオープン。キティをテーマにしたレストランはアジア初だという。開業当初は何日も前に予約しないと入れない盛況ぶりで、午前11時の開店と同時に座席がいっぱいになった。

客はカップルが大半を占め、男性がプロポーズの場に利用することも。店長は「男性は、ここでプロポーズすれば思い出になると考える。これまでのところ、すべての女性がプロポーズを受け入れた」と話す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]