「福島スープ」食べますか? 英芸術フェアに出展

邦人芸術家2人組「ユナイテッド・ブラザーズ」が福島産の材料で作ったスープを提供=GREEN TEA GALLERY提供

邦人芸術家2人組「ユナイテッド・ブラザーズ」が福島産の材料で作ったスープを提供=GREEN TEA GALLERY提供

(CNN) 英ロンドンで開幕した現代アートの祭典「フリーズ・ロンドン」で、日本人アーティストの出品する「福島スープ」が振る舞われている。CNN記者がこの作品を体験し、率直な心境をリポートした。

フリーズは今年で12年目。ロンドン市内の公園に設置された巨大テントの会場に、世界25カ国から162点の展示が集まっている。その1つが福島スープだ。

普通の日本人が作った普通の日本風スープと思うかもしれないが、実は「ユナイテッド・ブラザーズ」の名で活動する荒川医(えい)さん、智雄さんの兄弟が制作した芸術作品。スープは2人の母親が作っている。

荒川さん兄弟は福島の出身で、2011年に起きた東京電力福島第一原子力発電所事故の被害に目を向けてほしいという思いをこの展示に込めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]