「シックス・センス」の名子役、現在の姿に驚き

かつての名子役ハーレイ・ジョエル・オスメント

かつての名子役ハーレイ・ジョエル・オスメント

(CNN) 1999年公開の映画「シックス・センス」に出演した、かつての名子役ハーレイ・ジョエル・オスメント(26)が、ケヴィン・スミス監督のホラー映画「Tusk(原題)」の出演者の1人として、現在カナダのトロントで開催されているトロント映画祭に姿を見せた。

「Tusk」は、カナダのマニトバで行方不明になったポッドキャスターと、彼を探す友人らの姿を描いたホラー映画で、今年の映画祭で最初に上映された。

ジャスティン・ロング、ジョニー・デップ、ジェネシス・ロドリゲスらも出演するこの映画は、スミス監督の3部作「True North Trilogy」の第1作目。現在、2作目の「Yoga Hosers」の撮影が行われているが、オスメントの出演のおかげで、この映画にも注目が集まっている。

オスメントは9日にロサンゼルスで現在の姿が撮影されたが、ピンストライプのスーツに身を包み、オールバックに口ひげといういでたちで、ファンを驚かせた。

スミス監督によると、「Yoga Hosers」でのオスメントの役どころは、数々のファシスト運動を指揮したカナダのジャーナリストだという。この映画では、ジョニー・デップが娘のリリー・ローズと共演を果たし、さらにスミス監督の実娘ハーレイ・クイン・スミスの出演でも話題となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]