迫力の野生動物、写真撮影の秘訣とは

「Grumpy Monkey」 地獄谷野猿公苑で撮影 写真提供=David Yarrow

「Grumpy Monkey」 地獄谷野猿公苑で撮影 写真提供=David Yarrow

日本は1月に行きます。ニホンザルを撮りにね。

CNN:使用しているカメラの機種を教えてください。

ヤロウ氏:ニコンのD3SとD800です。

CNN:撮影はお一人で行かれるのですか。

ヤロウ氏:一人です。私が出掛ける時期、場所に行きたがる人はいません。私が行きたい時は雨の時、行きたい場所は誰もいない場所ですから。

CNN:撮りたい写真が撮れるまでどのくらい時間がかかりますか。

ヤロウ氏:何の準備もなくただ日曜日に来て月曜日に帰るのは無理です。事前にあらゆる調査を行い、撮影対象の動物の習慣や行動を把握した上で、日曜日に現場に到着し、木曜日までにいい写真が撮れれば上出来です。

CNN:サファリにお勧めの場所はどこですか。

ヤロウ氏:値段を見れば分かりますよ。私が好きなのはボツワナ、ケニア、ザンビア、ナミビアです。南アフリカはお勧めしません。私は写真撮影が目的なので、車外に出られないサファリパークには行きたくありません。車の中にいたらいいアングルから写真は撮れませんからね。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]