写真特集:紅海に沈んだ旅客機、不気味な姿をダイバーが撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
機体は米航空大手ロッキード・マーチン製の「L1011トライスター」。1980年代の登録以降、ポルトガルとスウェーデンの航空会社が運航した/Brett Hoelzer/@bubba_aqaba

機体は米航空大手ロッキード・マーチン製の「L1011トライスター」。1980年代の登録以降、ポルトガルとスウェーデンの航空会社が運航した/Brett Hoelzer/@bubba_aqaba

廃棄処分となった後、2019年に紅海の海底に沈められたジェット旅客機の現在の様子を米国の水中写真家がこのほど撮影した。一連の写真は、海洋生物のための人工魚礁を作る目的で沈めた機体が海底に横たわる不気味な光景を捉えている

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]