写真特集:スーツケースに乗ってスイスイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スロベニアの自動車技師、ボストヤン・ザガル氏がスーツケースを乗り物にする夢をかなえた。近く商品化して発売する見通しだ。これがあれば旅先の空港や歩道で、重いスーツケースが乗り物に早変わりする。

「オラフ」はボードに車輪とハンドルが付いた乗り物「キックスケーター」をスーツケースに組み込んだものだ。

アイデアが生まれるきっかけとなったのは「空港での乗り継ぎで、はるか遠くのゲートに3分でたどり着かなければならないような状況」だったという。そんな時は、動く歩道さえもどかしい。

フライトの待ち時間に技術者としての経験を生かしてデザインを描き、3年間も実験に実験を重ねてきたという

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]