領有権問題直撃、フィリピン漁師の生活を写真で見る

フィリピン・ルソン島西岸の漁村、マシンロックの住民は長年、南シナ海のスカボロー礁(フィリピン名・パナタグ礁、中国名・黄岩島)で漁をして生計を立ててきた。エフレン・フォロネスさん(52)は妻との間に6人の子どもがいる。つい1年前まで一度漁に出れば3トン半の魚が取れたが、最近の漁獲は多くて400キロ。月に1~2キロの米を買うのがやっとで、子どもの教育など論外だ

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]