米大統領夫妻の愛猫「ウィロー」、ホワイトハウスで特権待遇 別荘にも同行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイデン米大統領夫妻の愛猫「ウィロー」/Mandel Ngan/AFP/Getty Images

バイデン米大統領夫妻の愛猫「ウィロー」/Mandel Ngan/AFP/Getty Images

(CNN) バイデン米大統領夫妻がデラウェア州の別荘で休暇を過ごした先の週末。夫妻の愛猫「ウィロー」の入ったケージを、ホワイトハウスの公邸スタッフが大統領専用ヘリ「マリーンワン」に乗せる姿が目撃された。

ウィローは大統領夫妻とともに、デラウェア州リホボスビーチの海岸沿いの別荘に向かった。

「ウィローはよく大統領一家とともに、リホボスやウィルミントン、キャンプデービッドで週末を過ごしている」。大統領夫人の広報担当者はCNNにそう語った。

普段のウィローはホワイトハウスで特権待遇を受けている。出入りできるのは主に、2階と3階にある大統領一家の居住棟。特に日当たりのいいポーチの上の明るい空間がお気に入りで、専従スタッフからたくさん構ってもらい、ポーチの上で日向ぼっこをしていることも多いという。

イーストウイング(東棟)では報道官のデスクの上で昼寝したり、オフィスからオフィスへとおもちゃを追いかけまわしたりして過ごし、全般的に爪とぎも許されている。1~2回、自分の領域から踏み出して探検に出かけ、北側の玄関に隣接する最高守衛官の執務室にまで到達したこともあった。

スタッフはウィローが外出した時に備え、顔写真入りで「ウィローが出歩いています。ドアは必ず閉めて」と注意を呼びかけるポスターを制作した。

もともとペンシルベニア州の農場で暮らしていたウィローは2020年、後に大統領夫人となるジル・バイデン氏が応援演説のため訪れていた同州で出会って一目ぼれした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]